会長のご挨拶

社会が、国家にはもちろん、企業に対しても、個人に対しても倫理観の高い行動を求める動きが強まる中、「水産資源の持続可能な利用」および「生態系の保全」は、我々水産業界にとっての使命であり、このことが水産物の価値をより高めることにつながることは明白であります。

協議会が運営する水産エコラベルとしてのマリン・エコラベル・ジャパン(MEL)は、まさに上記に沿ったものです。
設立してまだ日の浅いこの協議会ですが、東京オリンピック・パラリンピックの食材調達基準に対応すること、日本の水産物消費拡大及び水産物輸出促進を通して日本の水産業の新たな発展に資する活動を目指しています。このため当面は、

・水産エコラベルの国際標準プラットホーム構築を進めているGSSIに承認される仕組みとする。
・日本の水産業の多様性を出来る限り反映し、評価する仕組みとする。
・漁業、養殖、流通・加工のサプライチェーンをカバーする仕組みとする。

に重点的に取り組みます。

「MEL」のロゴの下、政治、行政、研究機関の支援を得て、生産者、流通、外食、国民や消費者とご一緒に行動したいと考えています。国際的に認められ、かつ日本の地理的、生物的、産業的、文化的多様性を反映した水産エコラベルとなれるよう、皆様の「MEL」へのご理解とご支援をお願い申し上げます。

一般社団法人 マリン・エコラベル・ジャパン協議会

会長 垣添直也

 

組織概要

法人名 一般社団法人マリン・エコラベル・ジャパン協議会
設 立 平成28年12月2日
所在地 〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビルB1F
TEL/FAX 03-5545-3315/03-5545-3316
E-mail info@melj.jp

 

組織および主たる規程

*機構図
*定款
*会員名簿
*会員規程
*役員名簿

*規格委員会名簿
*会員名簿
*管理運営規則
*管理運営規則に関する細則
*規格委員会設置要領

*苦情処理規程
(*苦情申立書)
 MEL協議会(ページ右下の「お問合せ先」)までご提出ください。(郵送、メール、FAX)
*監事監査規程
*情報公開規程

 

アクセス